介護ソフト・地域包括ケア(医療介護連携システム)の
カナミッククラウドサービス

トップメッセージ

トップメッセージ

超高齢社会を持続可能でウェルビーイングな社会へ

株主・投資家ならびにステークホルダーの皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は「人生を抱きしめるクラウドで人と社会に貢献する」ことを企業の存在意義としており、日本をはじめ世界各国が迎える「超高齢社会」をクラウドプラットフォームでDX(デジタルトランスフォーメーション)することでチャンスを最大限活かし、人類がウェルビーイングで持続可能な明るい未来を築くことに貢献してまいります。
日本は現在世界一の高齢化率を記録しており、今後団塊の世代が75歳を迎える2025年以降が、日本の超高齢社会で課題解決の必要性が高まるターニングポイントであります。
要介護者や認知症患者の増加、生産人口の人手不足など日本が抱える課題に対して、カナミッククラウドサービスによるソリューションを提供してまいります。
当社は、超高齢社会を支えるプラットフォームになるべく、医療・介護・子育て・ヘルスケア業界のクラウドサービスNo1を目指し、企業価値・株主価値の継続的な向上に努めてまいります。

また、当社は本プラットフォームの提供により、地球規模での社会貢献を意識しており、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮したESG経営を推進してまいります。
今後はESGに関する取り組みの目標設定やプロセス、そして成果の開示にも積極的に取り組んでいき、「カナミックビジョン2030」の実現に向けて邁進してまいります。

今後もより一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社カナミックネットワーク
代表取締役社長 山本 拓真

シェアードリサーチ社による当社の調査レポートはこちら