システムをご利用になる前に

お使いのパソコンやモバイルで、マイページからHAMシステム画面が開かない、エラーメッセージ等が表示されず画面が固まったような動作になる場合、以下の原因が考えられます。

ポップアップブロックが有効になっている

お手数ですが以下の項目をご覧になり、設定を変更してください。

ポップアップブロックについて

ポップアップブロックとは、ウェブサイトにアクセスした時やボタンを押した時に別ウィンドウ(もしくは別タブ)で開く仕組みを自動的に閉じる機能のことです。

カナミックネットワークの介護システムは一部ポップアップ機能を利用しているため、ポップアップブロック機能が働いていると、自動的に画面を閉じてしまうためシステム画面が表示されない場合がありますので以下の手順でこの機能を無効にしていただく必要があります。

1. ツールアイコン Internet Explorer11のポップアップブロック機能の場合

Internet Explorer11の画面
Internet Explorerの画面上部右側にあるツールアイコン(ツールアイコン)をクリックして、インターネット オプションを選んでください。


インターネットオプションの画面

インターネットオプションの画面が開きましたら、上部のタブの中の「プライバシー」タブをクリックしてください。

画面下部にポップアップブロックの項目があります。
「ポップアップブロックを有効にする」のチェックボックスにチェックが入っている場合は、チェックを外して「OK」ボタンを押してインターネットオプションの画面を閉じてください


2. ツールアイコン Microsoft Edgeのポップアップブロック機能の場合

Microsoft Edgeの画面
Microsoft Edgeの画面上部右側にあるツールアイコン(設定アイコン)をクリックして、設定を選んでください。


設定の画面

設定画面が開きましたら、左メニューの中の「サイトのアクセス許可」をクリックしてください。

さらに、「サイトのアクセス許可」メニューの中の「ポップアップとリダイレクトをクリックしてください。


設定の画面

「ポップアップとリダイレクト」の画面が開きましたら、「ブロック」トグルをクリックしてグレーにしてください。

設定画面を閉じてください。


3. ツールアイコン Google Chromeのポップアップブロック機能の場合

chromeの画面
右上のその他アイコン その他アイコン から[設定] をクリックします。


インターネットオプションの画面

[プライバシーとセキュリティ] の [サイトの設定] をクリックします。


インターネットオプションの画面

[ポップアップとリダイレクト] をクリックします。


インターネットオプションの画面

上部の設定を [サイトがポップアップを送信したりリダイレクトを使用したりできるようにする] に切り替えます。

設定画面を閉じてください。

4. iOS(iPhone・iPad等)のポップアップブロック機能の場合

iOSの画面
設定」⇒「Safari」をタップします。

Safariの設定画面
ポップアップブロック」をOFFにします。
設定画面を閉じてください。

対象のウェブにアクセスすると、「このサイトではポップアップウインドウが開きます」と表示され「開かない/許可」と選択できます。

ポップアップウインドウ画面
許可」を選択します。

5. Android(ブラウザ)のポップアップブロック機能の場合

Androidブラウザの画面
ブラウザ(ツールアイコン Google Chrome)画面右上のメニューアイコンをタップし、「設定」をタップします。

Androidブラウザの画面
サイトの設定」をタップし、「ポップアップとリダイレクト」をタップします。

ポップアップウインドウ画面
画面右側のつまみを左側にフリックし、ポップアップをOFFにします。

設定画面を閉じてください。

このページのトップへ